読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素のままで。

大学卒業を目前にして、不安症になり、生きる意味がわからなくなった正くんの”いま、ここ”に集中する物語。

自分の声を大切にできないのに、誰かを大切にできるのか?

 

こんばんは。

正くんです。

 

今日は、St. Valentine's Dayですね。

日本におけるバレンタインデーは、
「女性から男性へチョコレートで愛を伝える日」とされ久しいですが、
世界におけるバレンタインデーは、
男女がお互いに愛や感謝の気持ちを伝えあう日なのです。

引用: http://www.flower-valentine.com/about/

 

 

そもそも、バレンタインのはじまりって?

2月14日 St.Valentine's Day(セントバレンタインデー)は
世界各地で愛の誓いの日とされています。
その歴史は、古代ローマ時代までさかのぼります。

戦争中の古代ローマ、時の皇帝クラウディウス2世は、
兵士が家族や恋人を恋しがって、軍の士気が低下しないよう
兵士たちの結婚を禁止していました。

そんな時代に、
キリスト教司祭・聖ウァレンティヌス(聖バレンタイン)は
結婚を望む兵士たちのためにこっそり結婚式をとり行っていたのでした。

しかし、このことがローマ皇帝の逆鱗に触れ
269年の2月14日に聖バレンタインは処刑されてしまうのです。

その後ローマでは、
2月14日に殉教した聖バレンタインが愛する男女の守護聖人となり、
春の訪れと聖バレンタインのエピソードが時と共に混ざり合って
14世紀には、今と同じようなバレンタインデーになったそうです。

 引用: http://www.flower-valentine.com/about/feature2.html

 

 

知ってました?

 

 

 

男女がお互いに愛や感謝の気持ちを伝えあう日

なのなら、

 

女性から男性だけじゃなくて、

男性から女性

女性から女性だって、

男性から男性へ、それだけじゃなくて、

親から家族

 

という対象でも問題ないのです。

 

 

 

 

 

とまあ、前置きはこの辺にしておきまして…

 

 

 

実は、

昨日、ちょっとヘルシーなチョコレートクッキー作ってました。目的もなく。

(こちらの動画を参考にして)

www.youtube.com

 

 

 

さらに、

僕の手元にはバレンタインにぴったりのサプライズのレシピもあったのですが、

 

 

また喉に不快感があって、

”なんでだろうなぁ~”と考えていると、

無理にサプライズをしようとしている自分がいる

ことに気付きました。

 

 

ここで自分が無理(自己犠牲)をしてまでの

サプライズは苦痛でしかないな、と気付き、

 

また、

自己犠牲の先に相手の笑顔が見えたとしても、

その相手の喜びを共有できる自分で在れないな、

ということにも気付きました。

 

 

 

気になるあのひとの仕事が終わる頃、

もう一度”自分”に聞きました。

 

 

”いまじゃない”

 

 

 

 

 

自分の声を大切にできないのに、

誰かを大切にできるのだろうか。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

 

今日もここまで読んでくださってありがとうございます。

このブログがイイね!頑張れ!と思った方は、スター・読者登録よろしくお願いします!

Facebookにも投稿しているのでそちらもチェックしてみてください!

リンクは横にあります。

そして、視聴料はこちらまで!

  ↓↓↓

<振込先>

巣鴨信用金庫

白山支店

普通

3071020

ホリコシマサヒロ

※視聴料 ¥0~¥100,000までご自由にどうぞ♪