読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素のままで。

大学卒業を目前にして、不安症になり、生きる意味がわからなくなった正くんの”いま、ここ”に集中する物語。

安心感こそ、人生に重要なもの。

人生でいちばん重要なもの。 僕の声も聞いてよ。 喉の動き

 

こんばんは!

正くんです。

 

大学生活最後のテスト期間に突入しています。

(無事単位取得できれば。の話ですが。笑)

 

 

 

 

 

今日は、『人生でいちばん重要なもの。その❸』ということで

続編を書こうかな。と

 

 

 

 

 

その①:人とのつながりを感じられなくなった 

   ↓↓↓

masamattyo-ohenro.hatenablog.com

 

その②:人とのつながりが感じられなくなった原因

   ↓↓↓

masamattyo-ohenro.hatenablog.com

 

 

 

 

 

そして、その❸は以下からお話します~

 

それでは、どうぞ!

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

人生にいちばん重要なもの。その❸

 

 

いままでの話でちょくちょく出てきているのですが、

結論から言うと、

 

 

 

 

僕にとっての“人生にいちばん重要なもの”は、

  ”安心感”

 

 

 

 

安心だけしていたら、怠けてしまってなんにも成長しないよ。

というひともいます、きっと。

 

僕は違ったみたい。

 

 

 

 

 

落ち始めたときに心が安心したのが

”友達と食卓を囲むこと”

 

 

 

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 

 

 

 

 

”いるだけでいい。”

”なにもしなくても、そこにいるだけでいいんだよ”

って。

 

 

 

存在そのものを認められている気がして、

すごく安心したのです。

 

 

 

 

だから、

 

 ”素のままで“居られる

 

 

友達が食堂を開く度に

その食卓を囲むためだけに

2時間かけてその食堂に訪れました。

 

 

 

 

 

無理に喋らなくていい

手伝わなくてもいい

聞いているだけでもいい

その場でいるだけでもいい

 

それが心地いい空間を創り出す。

 

 

 

 

 

 

だから、

 

落ちてから、安心感が感じられる場所にしか行っていません

 

 

 

「たった一人」制約を手放してから、割かし人と会えるようになってきました。

でも以前のように、大人数の人とお話をするとエネルギーに耐えられなくなって

どっと疲れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

過去に、

「自分にとっての人生最悪の事態はなにか?」と考えたことがありました。

そのときの答えは、

「帰る居場所が一つもなくなること」でした。

 

その答えは、言葉は違えどいまと変わらないなぁと感じます

帰る居場所が一つもなくなること⇒安心感

と言い換えられます

 

 

 

安心したいんだなぁ、自分。

 

”どうやったら安心できるんだろう?”

 

この問いの答えは、これから考えることになりそうです。

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

次回は、ついに「視聴料」について触れそうです。

 

今日もここまで読んでくださってありがとうございます。

このブログがイイね!と思った方は、スター・読者登録よろしくお願いします!

Facebookもやっているのでそちらもチェックしてみてください!

リンクは横にあります。

また、視聴料の振込もお待ちしています!

  ↓↓↓

<振込先>

巣鴨信用金庫

白山支店

普通

3071020

ホリコシマサヒロ

※視聴料 ¥0~¥100,000までご自由にどうぞ♪